スポンサーリンク

ハンドメイド[無料型紙付き]ガーゼハンカチでOK!ミシンなし手縫いでできる簡単立体マスク作り方

スポンサーリンク
お役立ち
スポンサーリンク

新型コロナウィルスの提供でマスクが入手しにくくなっていますね。使い捨ても布もどこにもない状態です。ハンドメイドでマスクを作ろうにも材料すら売り切れています。手元に赤ちゃんのガーゼハンカチがあったのでそれで作ってみました。

完成品がこれです。
スポンサーリンク

材料

・型紙(ネットで無料ダウンロード)
コットンタイムさんのHPからダウンロードしました。こども用もありました。
ダウンロードはこちらから
・綿の布
ハンカチでも良いですがあまり薄いものは縫いにくいです。
・ガーゼ布
ダブルガーゼの布などが手芸屋さんに売っています。売り切れだったので今回は赤ちゃんのガーゼハンカチを使いました。※新しいガーゼは縮むので一度水通しをする必要があります。
・ゴム
柔らかいゴムが良いです。マスク向けのものが手芸屋さんでなければ、下の写真のような丸いゴムがおすすめです。髪を結うゴムでも大丈夫です。子供の帽子用のゴムなども使えます。
・針と糸
これから買う人は是非手芸屋さんで手縫い糸を買ってください。100均の糸は使いにくいのでお勧めしません。手芸屋さんの店員さんに聞けばどんな糸を使えばいいか教えてくれます。1つ150円も出せばとても良い糸が買えます。

今回は外側をコットン、内側をガーゼにしましたが、両方ガーゼでも良いです。何枚か重ねて使っても良いと思います。

作り方

型紙にも作り方が書いてあります。もう少し丁寧に説明してみました。
1、型紙を2枚コピーし、1つは外側の線、1つは内側の線で切ります。外側の線で切った方を布を切る時に使います。内側の線で切った方は縫い代をしるしづけるときに使います。※縫い代は目分量でもできるのではしょってもOK
2、外側にする布を半分に折って型通りにカットします。この時に表に見せたい方を中にして半分にするようにしてください。内側にする布も同様に半分に折ってカットします。
3、カットした布に1で内側の線で切った型紙を合わせ、縫い代を書きます。※はしょり可能
4、前中央を縫います。外側用も内側用も。

5、前中央の縫い代をカットして切り込みをいれたら、アイロンでパックリ割れるようにします。半分に折ってからこちらに折り目をつけるようにするとうまくいきます。※これまたはしょってもOK

洗濯等で折り目がよれるのが気になる方は下の写真のように縫い付けても良いです。

6、中表にして上と下を縫います。中表とは最後に外側にする方を内側にするのです。わからない方は下の写真の真似をしてください。

7、裏返して左右を三つ折りにして縫います。
8、7で作った部分にゴムを通して結びます。大人25cmこども20cmが目安です。できあがり。
私は帽子用の平ゴムを使ったのでこんな風にしました。

作ってみた感想

ミシンはあったほうが良い!手縫いはやっぱり少し不格好。まあ背に腹は代えられません。2で布を半分にするところがポイントです。もう1点、6で布の向きを間違えないように気を付けてください。あとは多少大雑把にしても出来上がります。私は縫い代は目分量でやってしまいましたが、無事にできあがりました。普段はめったにお裁縫をしない私でもそれなりにできたので簡単だと言えます。
あと前の中央を縫うときはなみ縫いじゃなく返し縫でしっかり仕上げた方が良かったかなと思いました。小学校高学年ぐらいなら作れるかもしれません。

付け心地

使い捨てのマスクに慣れていたせいか、この肌触りは心地良いです!顔に触れる部分が少ないので息苦しくないです。特に唇はほとんど触れないので口紅がついて気持ち悪い、気になるということがなくなります。
また、ガーゼハンカチなので吸水性が良く、自分の息が結露してぬれることも少ないです。花粉がどれだけ防げるかは難しいですが、何枚もガーゼを重ねてもっと分厚くしたりと工夫はできそうです。ガーゼの厚みで思ったよりもふんわり隙間を防いでくれます。寝るときに使ってもいいなあと思いました。ぜひみなさんも作ってみてくださいね。

コメント

  1. […] マスクの作り方はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました